健康や美容に気を付けるなら基本的なことは睡眠の質をしっかりすることが大切です。

どれだけの時間眠ったらよいの?

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s人間の眠りは、90分で1サイクルといわれています。この1サイクルの間にレム睡眠とノンレム睡眠が行われています。
レム睡眠とはRapid Eye Movingの省略で、目が動いている状態、つまり眠りの浅い状態です。この状態のときに夢をみています。そしてノンレムは目が動かないで熟睡している状態です。この状態のときに起こされると気分よくおきれることができません。
そのため、90分単位の時間で起きるのがよいとされています。たとえば6時間か7時間半です。

 

自分に無理なくとる時間

 

年々、女性の社会進出などもあり夜型になって行く傾向がありますが、睡眠はとても大切になります。
年齢が上がるほど、睡眠時間は短くなっていきますが短いと翌日の日中の生活にも悪影響を及ぼしてしまいますので、個々にあった質の高い睡眠が必要です。
短くても体に支障がなければ、それは本人に合っているのです。
自分に合った理想的な時間をもつことで普段の生活もイライラすることなくストレスも溜めることなく快適に過ごす事が出来ます。
寝不足は体に良くありません。

 

統計データによると、理想的な睡眠時間は7時間です。7時間眠る人が最も寿命が長く、それよりも長かったり、短かったりすると、寿命が短くなる傾向なのです。寝不足になると、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、ガンになりやすくなるのは勿論ですが、精神的にもダメージを受けやすくなります。睡眠は体を休めるだけではなく、脳の休息にも役立っています。現代人は寝不足気味になりがちですので、睡眠を十分確保し、健康な体を維持しましょう。健康のためには脳を休ませる時間が必要です睡眠は体だけでなく脳の疲れを取り、休ませるために必要な作業です。
心身の機能を回復させないと、脳の機能が低下して集中力の欠如や注意散漫などの障害が現れます。

 
健康のための睡眠時間は、個人差があります。

 
そのため、死亡リスクや生活習慣病のリスクは年齢だけでなく個人によって異なります。
睡眠は標準にこだわらず、自分に適切な時間を探す必要があります。
目が覚めて眠気やだるさがなく、日中も強い眠気を感じなければ適切だと言えます。

最新記事

  • 十分な睡眠は健康に良いと言われますが、眠る時間(長さ)だけが大切なのではありません。1日6~8時間程度眠るのが良いとされていますが、それ以上に眠りの質は重要と言えます。 人の体は、22時から2時の間に眠ることで、成長ホル …

    眠りの質について

  • 睡眠は心身の疲労を回復するため、また、脳は眠っている間に記憶の整理をしているともいわれ、健康を維持する上で大切なものです。 通常成人の理想的な睡眠時間は7~9時間程度といわれています。しかし、必ずしも長く眠れば満足感が得 …

    すっきりした目覚めのために

  • 睡眠は成長ホルモンの分泌などの体の成長や能を休めるために必要不可欠なものになっておりますが、現代社会においては、実は十分な睡眠が取れていないという方が意外なほどに多く、眠りに就くまでに何時間も掛ってしまったり、眠れたとし …

    眠る時の時間について